昔の特撮映画は劇場で観るべき!轟天号の衝撃体験の思い出【コラム:特撮】

「海底軍艦」の轟天号を例にして昔の特撮映画を劇場で観る事の重要性について語ります。

どうも!健康上、家庭上の課題でブログの下書きだけはどんどん溜まっている五位鷺3です!

Twitterで @sandae2356 さんの #私の血沸き肉踊る特撮メカニック選手権 タグに反応しまして、すぐ書けそうなのでここに記します。

五位鷺3が推すのは「仮面ライダーW」のリボルギャリー、キカイダーのサイドマシンとDAICON FILM版「帰ってきたウルトラマン」のマットアロー1号、マットジャイロなんですが、@sandae2356さんが「海底軍艦」の轟天号推しなので、まずは私が轟天号に衝撃を受けた思い出についてお話しします。

轟天号に関してはメカの魅力と言うよりも劇場で観る事の重要性についてです。

“昔の特撮映画は劇場で観るべき!轟天号の衝撃体験の思い出【コラム:特撮】” の続きを読む